大阪無線株式会社 日本橋のアマチュア無線

YAESU FTDX5000MP Limited

【製品詳細】

ダイナミックレンジ112dBを高感度で実現、IP3は+40dBmを確保
通信機としての高感度を維持しつつ、最高と評されているダイナミックレンジ110dBを上回る112dBを実現したFTDX5000シリーズ。そしてIP3(第3次インターセプトポイント)は+40dBm。この数値のもつ意味は、近接する周波数の強信号が入感するような過酷な受信状態に遭遇した時、きっとおわかりいただけることでしょう。目的の信号だけを忠実に捉えることを重視した、YAESUの受信回路設計です。

新開発の6ポールクリスタルルーフィングフィルターをメインバンド受信機に採用
9MHzのファーストIF段には、新開発の6素子水晶振動子から構成されるシェープファクター、歪特性に優れたオリジナルのクリスタルルーフィングフィルターを採用。300Hz、600Hz、3kHz、6kHz、15kHzの5種類のルーフィングフィルターを装備(300Hzは、FTDX5000MP Limitedのみ標準装備。他のモデルではオプションです)。

32 ビット浮動小数点 DSP TI社TMS320C6727Bを採用したIF DSP
IF DSPにはTI社製の32ビット高速不動小数点DSP、TMS320C6727Bを採用し、300MHzクロックで高速処理をおこない、DSPならではのさまざまな信号処理をおこなっています。IF DSPの長所を活かしながら、違和感のない、アナログのフィルターを使用しているようなセッティングを施しています。

FTDX5000MP Limitedの基準発振回路には、OCXOを標準装備
10MHzの基準水晶発振回路には、OCXO(Oven Controlled Crystal Oscillator)を標準装備。-10~+60℃にわたり、±0.05ppm以下という抜群の周波数安定度を実現しています。

余裕の200W送信出力、CLASS A 送信は、75W対応
破壊耐量の高いFET VRF-150 をプッシュプルで終段に採用し、余裕の200W出力を実現。さらにSSB運用で送信歪を大幅に低減するClass-A(A級増幅)動作で75W連続オペレーションを実現。75W出力時でも、3次歪45dB以下、5次歪は実に70dB以下という低歪率です(Mタイプは、送信出力50Wです)。

グラフィック表示つきディスプレイと高精度アナログマルチメーター
DXペディションやコンテストなどオペレーションに集中している時でも、各機能の状態が瞬時にわかるように、アンテナ入力端子からIF段の信号の流れに沿って格段の状況をダイアグラムで集中表示します。メインディスプレイには蛍光表示管を使用し、数字や文字だけでなく受信帯域、AGCなどをグラフィカルに表示します。また、必要な情報を使用状況にあわせて表示するアナログタイプの大型マルチメーターを採用しています。

2つのスピーカーを内蔵した専用ステーションモニターSM-5000(オプション)
本体と一体化したデザインが魅力の2つのスピーカーを内蔵した専用ステーションモニターを用意。バンド内の状況をモニターするために便利なスペクトラムスコープを表示します。自局の周りをモニターするCTRモード、左端の周波数を固定したFIXモード、高速モニターするためのLBWS機能など実際に運用を考慮した多機能スコープです。

  • YAESU独自のVRF(Variable RF Filter)によるRFプリセレクター回路
  • フライホイル効果をもたせた重厚なメインダイアル
  • 操作性を格段に向上させた多機能マルチファンクションダイアル
  • IF 40.455MHzのサブ受信機を内蔵。快適な2波同時受信を実現。
  • オーディオ周波数を可変してトーンコントロールができCONTOUR(コンツアー)、NOTCH機能、などより受信を快適にする多彩なオーディオフィルター機能
  • パラメトリックイコライザーを搭載したマイクアンプ
  • Qの高いコイルを採用したプリセレクター、μ-TuningユニットA(160m)、B(80/40m)、C(30/20m)の最大3台接続可能(オプション)

【製品特徴】

トップDX’erのための最高峰プレミアム

  • クラス最高のダイナミックレンジ112dBを高感度で実現、IP3は+40dBmを確保
  • 新開発の6ポールクリスタルルーフィングフィルターをメインバンド受信機に採用
  • VFO A/Bそれぞれに、あらゆる信号を高速で処理することができるYAESU独自の32 ビット浮動小数点 DSP TI社TMS320C6727B(最大2800MIPS/2100MFLOPS)をクロック300MHzで使用
  • 破壊耐量の高いFET VRF-150(VDSS=170V、VGS=±40V、PD=300W)をプッシュプルで終段に採用し、余裕の200W出力を実現(Class-Aは75W)(Mタイプは、送信出力50W)
  • 3つの小型有機ELディスプレイを右側下の3つの大型ダイアルの上に配置。それぞれの表示には、サブ周波数、選択フィルターの特性や帯域幅、VRF、ノッチ、ノイズリダクション、メニュー設定などの情報を操作と同時に表示
  • 操作時だけ表示されるサブ表示ウィンドウによりMIC-GAIN/RF-PWR/CW-PITCH/KEYER-SPEED/PROC-LEVEL/VOX-DELAY-TIME/BK-IN-DELAY-TIMEなどの設定値を瞬時に把握することが可能
  • FT-2000で好評の受信信号の流れが瞬時にわかる、ブロックダイアグラム表示を採用
  • FT DX 9000と同サイズの大型S/POアナログメーターを採用。詳細かつ快適な応答速度で表示
  • IF 40.455MHzのサブ受信機を内蔵。快適な2波同時受信を実現。
  • オーディオ周波数を可変してトーンコントロールができCONTOUR(コンツアー)、NOTCH機能、などより受信を快適にする多彩なオーディオフィルター機能
  • CW運用をバックアップする多彩な機能
  • Qの高いコイルを採用したプリセレクター、μ-TuningユニットA(160m)、B(80/40m)、C(30/20m)の最大3台接続可能(オプション)
  • 本体と一体化したデザインが魅力の2つのスピーカーを内蔵した専用ステーションモニターSM-5000を用意(オプション)

ショッピングカート

合計数量:0

商品金額:0円

お会計
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

大阪無線株式会社とは
  • 通信販売について
  • 買取について
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 店舗QRコード